比叡山ドライブウェイとは

1958年(昭和33年)開通 比叡山の美しさと魅力を次代へつなぐドライブウェイ

比叡山ドライブウェイは、滋賀県大津市の田の谷峠から延暦寺東塔(根本中堂)・比叡山頂を結ぶ約8.1kmの有料道路、1958年に開通しました。比叡山の山腹を走り、途中の「夢見が丘」で大津市街を始めとする琵琶湖の南湖周辺が一望できます。

1958年の開通から、今日までの歴史を振り返りながら、比叡山ドライブウェイが歩んできた道のりをご紹介いたします。当時の貴重な画像もお楽しみ下さい。

1958 04/18 比叡山自動車道開通式
04/19 比叡山自動車道営業開始

工事には延べ213,000人の作業員を投入

工事には延べ213,000人の作業員を投入

傾斜のある山中に道路を新たに建設するのは、平坦地よりも数倍、時間と労力が必要とされます。8029.46mの自動車道を約1年間で完成させましたが、作業員は延べ人数で213,000人、切取土砂量は普通土砂370,000m3、岩石100,000m3におよび、両方を合わせると実に大阪城約13個分に相当する量です。

1960 05/27 直営売店営業開始(夢見が丘駐車場内)
1962 02/27 ナトリウム灯道路設備完成
※東洋初のナトリウム灯が点灯
1964 07/01 四明嶽駐車場の新駐車場完成
1966 05/01 奥比叡ドライブウェイ開通
1970   万国博覧会開幕・第一次オイルショック
1979 04/29 スーパーカー展示及び試走会開催(夢見が丘)

比叡山にスーパーカーが出現した!

比叡山にスーパーカーが出現した!

1979年、当時、子ども達にも大人にも大人気であったスーパーカーを展示。試走会を開催しました。4月29日・30日のゴールデンウィーク期間でもあり、連日、家族連れや若者で大盛況でした。

1980 07/10 比叡山スーパースライダー開業
1988 04/29 夢見が丘サイクルモノレール開業

自然との共生をめざして植樹事業を推進!

比叡山の環境、景観保全への取り組みとして、1991年より比叡山ドライブウェイ全線に植樹作業を推進。当社は7ヵ年計画でしたが、以後、現在に至るまで植樹事業は継続しています。植樹する木々は、桜・モミジ・ツツジ・サザンカ・梅・サツキで、2008年3月現在で種々の本数は、1,680本になります。

1999 05 ロテル・ド・比叡営業開始
2000 04/30 夢見が丘かぶと虫ドーム新設
2001 04 夢見が丘ザリガニ釣堀の営業開始
04 ガーデンミュージアム比叡開園
2002 04/21 夢見が丘喫茶店リニューアル工事
2006 10/21 夢見が丘、もみじライトアップ&夜景を実施
2008 04/19 開業50周年
  • 当時の田の谷峠料金所
    当時の田の谷峠料金所
  • 四明嶽駐車場
    四明嶽駐車場
  • ドライブウェイ立看板
    ドライブウェイ立看板
  • スーパースライダー
    スーパースライダー
  • サイクルモノレール
    サイクルモノレール
  • ガーデンミュージアム比叡
    ガーデンミュージアム比叡
  • 夢見が丘ライトアップ
    夢見が丘ライトアップ
  • HOME - TOPページへ
  • ドライブウェイガイド - ドライブウェイ内の施設をご紹介
  • 営業・料金案内 - 営業時間と通行料金のご案内
  • アクセス - ドライブウェイまでのアクセスマップ
  • お得な割引情報 - 割引チケットについて
  • イベントカレンダー - 比叡山で行われるイベント満載
  • よくある質問 - お問合せ事項をまとめました
  • スタッフブログ - 比叡山の季節をお届けします
  • 比叡山ドライブウェイとは - 1958年からの歴史をご紹介
【For Mbile】比叡山ドライブウエイホームページは、携帯電話からでもお楽しみいただけます。
GET ADOBE READER

PDF閲覧には、Adobe Readerが必要です。